TK税務&法務事務所の事務所通信
柏木孝夫税理士・行政書士事務所
事務所通信

72号 ローマ法

ローマ法

 

 

 

ローマ建国

ギリシャによって滅ぼされた

都市国家トロイアが滅亡し、

トロイア王の婿であった武将の

アエネアスが流浪の末イタリアに上陸して、

その地の王の娘と結婚しました。

 

その数百年後、

国内で生じた内乱の中から

巫女として死を免れた王の娘が

軍神マルスの子として双子を生みました。

 

王は激怒して、この双子を

テヴェレ河に流しましたが、

運よく助かり、メス狼に育てられました。

 

その後、双子は成人し、内乱を鎮めました。

この双子が、ロムルスとレムスといいます。

 

この双子は、国を離れ、

河口近くに新しい都市を建設することにしました。

 

二人は、都市の名前を決めるのに、

丘の上から見える鳥の数を競い、

パラチイーノの丘を選んだロムルスが勝利して

ローマと名付けました。

 

その後、二人は勢力圏を分けて

溝と城壁を築き、

壁を越えれば殺すとの誓約をしましたが、

レムスが誓約を破ったので、

ロムルスがレムスを殺し、

ここにローマが建国されました。

紀元前753年4月21日です。

 

 

これは、法を破った者は、

たとえ実の兄弟であったとしても、

仮借なく厳正に処罰するという

ローマ人の精神的支柱となっています。

 

ローマでは、当初、

アテネにおけるソロンの立法をモデルに、

基本的にローマ古来の慣習法を

成文化した12表法を制定しました。

 

しかしながら、外国人が増えて、

万民法が制定されるようになりました。

12表法は手続が厳格すぎ、

 

また、市民間のみに適用される法であったからです。

やがて、万民法が、ローマ市民にも

適用されるようになりました。

 

 

ローマ法による取引で有名なのが、握取行為です。

重要な財産の取引は、

1名の秤持ちと5名の証人の立会い要する

厳格な要式行為です。

 

この握取行為によってのみ

所有権が移転しました。

 

これは儀式的手続で、

重要な財産取引を慎重に行うためには合理的でした。

 

 

この後、商業経済に移行し

要式が煩雑なのが嫌われるようになっていきます。

 

たとえば、 引渡しがなされても、

市民法上の所有権が移転しない場合は、

法務官が買主保護のための抗弁を認めるなど

(法務官法上の所有権)

で対応するようになりました。

(「概説西洋法制史」P14)

お気軽にお電話でご連絡ください
06-6131-5335 06-6131-5335
受付時間:10:00~19:00
Access

地下鉄東梅田駅から徒歩3分という便利なロケーションで税務のご相談を承っております

概要

会社名 TK税務&法務事務所
【一般社団法人租税高度困難事案研究所】
住所 大阪府大阪市北区梅田1丁目1番3-600号
大阪駅前第3ビル6-2号
電話番号 06-6131-5335
営業時間 9:00~17:00
定休日 土曜日 日曜日 祝日
最寄り 東梅田駅より徒歩3分

アクセス

主に中小企業様の経営を税務や財務の視点から力強くアシストする幅広いサービスをご提供しております。
地下鉄東梅田駅から徒歩で3分という便利な立地に事務所を構えておりますので、ご相談はお電話やお問い合わせフォームから気軽にお申し込みください。
Contact

お問い合わせ