TK税務&法務事務所の事務所通信
柏木孝夫税理士・行政書士事務所
事務所通信

173号 現代思想

現代思想

 

 

第2話 フロイト

フロイトの場合、前回のニーチェの

「背景にあるもの」をより前面に出してきています。

 

ニーチェは、近代哲学の中心である主観と客観の外

に人間が生きていると考えました。

 

前回説明しましたように、ニーチェは、

「なにを言っているかではなく、

だれが言っているのか」がキーワードでしたが、

フロイトは、「知っていながら知らない」

キーワードです。

 

これが、精神分析学となっていきます。

 

フロイトは、人間の心の世界がどういう構造を

もっているかという点からとらえようとしました。

 

ヒステリーの原因は、煙突を流れるものが

詰まっていることから生じるので、

 

これを他人にしゃべることにより

自分なりにわかってくると、

掃除されて流れるようになると考えました。

 

このように人間の心の中でうごめいている力、

これが煙突を流れるものに相当し

この力を無意識といいました。

 

次に、フロイトは、夢をどういうふうに

読んでいくかという作業をはじめます。

 

夢のなかにも無意識に

願望を充足したいという欲求があり、また、

こころの中に抵抗があります。

 

素直に願望を充足させるのを

どこかに押しとどめるものがあります。

フ口イトはこれを夢の検閲といっています。

 

夢で見ていること、

例えば誰かの髪の毛を切る夢は、

いじめたいという願望の代理である

というように考えます。

 

傘や水道の蛇口は何かの象徴として

現れているとか考えます。

これによって、夢を分析していくことをします。

 

夢でなくても、自分でも思ってみないことを

考えたりすることがあります。

それは、自我の世界ではなく、

超自我と呼ばれる無意識の世界です。

 

そして、この無意識の世界は、

幼児のころの虐待や、

すでに記憶からはなくなっているが

経験したことが影響していると考えます。

 

つまり、自覚している世界の背景にあるものが

重要であるという意味で

ニーチェと同じことを言っているわけです。

 

そうすると、タブーというものがありますが、

これは、結局は心の底の願望であり、

それを抑えているとういう解釈になります。

 

このようにして、フロイトは、心の中の葛藤など、

心をモデルとして

世界を説明しようとしているのです。

 

つまり、フロイトの説では、

聖書や近親相姦、性欲などがテーマとされ、

心の深層心理を説明することにより、

世界を説明しているのです。

 

精神分析学では、ユンクも有名です。

 

フロイトは、夢は願望の実現として考えていますが、

ユンクにとっては、

無意識からのささやきと解釈しています。

 

たとえば、夫が戦争に行って前線に行っている中で、

家のドアをたたく夢をみて、

最後に、そのドアをたたいていたのは

夫の友人だったという夢をみたとします。

 

フロイトでは、部屋の中に入れることは、

部屋は女性の性器を代理した表現で、

夫の友人に対して性的な欲求を持っていたが、

それに対する罪悪感から、

気味の悪いものがドアをたたいている

夢をみたと解釈します。

 

ユンクでは、本当はあなたの持っている

不安というのは、もっと親しいものであって

怖がらなくてもいいということを

夢が教えていると解釈します。

 

夢占いもこの2つの流派となります。

どちらが好まれるかとういうと

ユンク派の夢占いのほうが人気があります。

神秘的なので、

自分のいいように解釈できるからです。

 

というこうとで、現代思想の始まりの二人目である

フロイトもニーチェと同様に

目の前にあるものだけではなく、

その背後にあるものを重視する必要がある

ということを言っているのです。

 

それによって、世界をそして、

カント先生の言っていることも

説明できるといっているのです。

 

カントによれば、良心というのは

「〜をなすべき」という声を聞く力です。

それによって初めて、

人間は自由を手に入れることができるといいました。

 

ニーチェは、こういう良心というのは、

ルサンチマン(恨み)が生み出すものである

といいました。

背後世界がでっち上げたものであるしています。

 

フロイトは、なぜ心の中にそういう力が

できるのかを考えます。

それは、いろいろな規範や道徳が

人間の心の中に入って来るからであると考えました。 

お気軽にお電話でご連絡ください
06-6131-5335 06-6131-5335
受付時間:10:00~19:00
Access

地下鉄東梅田駅から徒歩3分という便利なロケーションで税務のご相談を承っております

概要

会社名 TK税務&法務事務所
【一般社団法人租税高度困難事案研究所】
住所 大阪府大阪市北区梅田1丁目1番3-600号
大阪駅前第3ビル6階6-2号
電話番号 06-6131-5335
営業時間 9:00~17:00
定休日 土曜日 日曜日 祝日
最寄り 東梅田駅より徒歩3分

アクセス

主に法人の経営を税務と財務の視点から力強くアシストする幅広いサービスをご提供しております。
地下鉄東梅田駅から徒歩で3分という便利な立地に事務所を構えておりますので、ご相談はお電話やお問い合わせフォームから気軽にお申し込みください。
Contact

お問い合わせ