TK税務&法務事務所の事務所通信
柏木孝夫税理士・行政書士事務所
事務所通信

175号 現代思想

現代思想

 

 

第4話 ハイデガー

今回はハイデガーです。

ハイデガーは、今ここにいること、

あるいは科学が説明できることの外に

人問が生きている意味があるということから、

存在の意味を解釈しようとしました。

 

つまり、「ある」とか「いる」ということの

意味はなにかということです。

 

まず、主観と客観です。

主観というのは私たち自身の意識のことです。

 

そして、客観的に存在するとはどういうことか、

ソシュールのようにシステムや構造というものに

客観性を求めていく考え方と、現象学的な考え方です。

 

それまでの哲学が、

まず外にコップというものがあって、

自分が見たと思っているモノが、

外のコップと一致しているかどうかを

問題としましたが、

 

現象学的な考え方とは、

現象学者であるフッサールは、

自分の意識が経験した事実から

出発することとしました。

 

そうすると、とりあえず言えることは、

自分がコップをみてコップという印象をもつた。

 

そして、そういう事実が自分の意識にあって、

経験されているということまでは言えそうです。

 

しかしながら、そこから客観的に

コップが存在するとまではまだいえません。

 

そうすると、これは自分がコップという印象を

もったという事実の経験があった。

 

そして、この自分の中のイメージというのは、

自分が勝手に作り出したものではなくて、

どこかこの外に関係しているものであると

自分の頭の中で考えている世界です。

 

これを「本質直観」といいます。

 

つまり、私たちは、それが材木でできていようが、

ガラスでできていようが

一目見てコップとわかるとういうことです。

認識できるということです。

 

デカルトは、客観というものを

神が作ったものを分類することであるとしました。

 

しかし、私たちは神ではないので、

その分類の基準があやふやであり問題となりました。

 

その後、客観とは見えるものの

背後にあるものまでを含めて

客観というのではないかということになりました。

 

鯨はなぜ哺乳類かということです。

その分類方法は本当に正しいのかということです。

 

そして、この背後にあるものは人間です。

歴史についても、人間自身についても、

単に実証的な知識だけでは

すべてを説明することはできないということです。

 

ヘーゲルは、これを含めて

歴史の理論として体系化しようとしました。

 

そして、実存主義のキルケゴールは、

今ここにいること、あるいは科学が説明できること

の外に人間が生きていることに

意味があるといい、ヘーゲルを批判しました。

 

その次に、ハイデガーは、

自分がこの世界のなかにいるという事実

について考えました。

 

自分が世界の中にいるということの内容は、

自分の意識にはよく見えないということです。

そして、ハイデガーはこの場合の自分のことを

現存在といいました。

 

現存在としての人間を、

いわばモノとしての存在ではなく、

ありかたをもった存在として考えます。

 

つまり、「人間がいる」ということは、

「自分が知っている」ことよりも

前に先にあるということです。

 

つまり、「実存が先行する」ということです。

 

デカルトの世界では、

私の目の前にコップがあるという神の代理としての、

神の視線からのコップの存在でしたが、

 

ハイデガーの世界では、

コップは、デカルトのように

この世界にあるのではなく、

 

この私にとっては「飲むためのもの」

という形で出会われるんだということです。

 

つまり、ものとは、「〜のために存在する」

ということです。

 

そうすると、次に時間とはなにかですが、

 

ハイデガーによると、

過去というものは、ただの昔の客観的な時点に

あるものではなく、

 

たえず今「反復」されているものが

過去であるということです。

 

だから、それは記憶であり、

反復であるというのが過去の意味だと言っています。

 

こうして、「存在と時間」ができあがっています。

 

つまり、すべての存在は、

単にそこにあるというのではなく、

背景があり、意味があるということです。

お気軽にお電話でご連絡ください
06-6131-5335 06-6131-5335
受付時間:10:00~19:00
Access

地下鉄東梅田駅から徒歩3分という便利なロケーションで税務のご相談を承っております

概要

会社名 TK税務&法務事務所
【一般社団法人租税高度困難事案研究所】
住所 大阪府大阪市北区梅田1丁目1番3-600号
大阪駅前第3ビル6階6-2号
電話番号 06-6131-5335
営業時間 9:00~17:00
定休日 土曜日 日曜日 祝日
最寄り 東梅田駅より徒歩3分

アクセス

主に法人の経営を税務と財務の視点から力強くアシストする幅広いサービスをご提供しております。
地下鉄東梅田駅から徒歩で3分という便利な立地に事務所を構えておりますので、ご相談はお電話やお問い合わせフォームから気軽にお申し込みください。
Contact

お問い合わせ