TK税務&法務事務所の事務所通信
柏木孝夫税理士・行政書士事務所
事務所通信

179号 現代思想

現代思想8

 

 

第8話

ロラン・バルトとボードリャール

 

今回は記号論です。

以前の構造主義のソシュールでもやりました。

差異の体系です。

 

デリダは書かれたものテキストは、

背後にその人の思っている本当の気持ちや

意図があって、

テキストはその代理であるという考えを批判しました。

 

 

ロラン・バルトの説明は、

たとえば、歌舞伎の怒った顔の仕草は、

怒っているという意味がありました。

 

しかし、今では怒っているという意味を表す以上に、

装飾であるとしてその仕草を美術としてみています。

 

これは、意味するもの(シニフィアン)

意味されるもの(シニフィエ)の関係を

切り離されたのです。

 

 

ロラン・バルトは、

文には、直接的にその文が表している意味と、

間接的・従属的に表している意味があると考えました。

 

この間接的・従属的な部分は、

文の中には直接は含まれていないが、

ある関係のなかであらわれてしまう。

 

つまり、記号を分析する場合には、

直接的な意味だけではなくて

間接的な意味も分析しなくてはいけないという

観点を打ち出しました。

 

これは、「ダビンチ・コード」の世界ですね。

ここから、糸井重里のキャッチ・コピーなどが

出てきます。

 

なにを言っているのかわからないけど、

感性はわかるって感じです。

 

あるマークがなにかを表象しているようなものです。

 

ハートのマークをつけても、

ハートのマークの意味をするのではなく、

単にちょっとした気持ちを表すような

意味をしているという感じです。

 

 

差異の体系は、AとBの間に差異があるのではなく、

差異の関係が

いろいろな言葉の意味を作り出している

というのがソシュールでした。

 

調査官の中で差異が生じさせて、

上席調査官ができました。

先に調査官と上席調査官の区分が

あるのではないのです。

 

関係の中で差異があり言葉ができたのです。

そこから、専門官や統括官、特別調査官が

区分されてきたと考える感じです。

 

上席調査官の中から総括上席調査官でき、

専門官の中から主任専門官ができました。

 

東京では上席専門官があります。

そのうち総括上席専門官ができきるのでしょう。

 

仕事の中身が新たにできたのではありません。

今はその仕事を誰かがしているのです。

 

 

ボードリャールは、例えば、冷蔵庫とはなにかとは、

その本質は冷やすものであるという従来の考え方から、

 

人々はものの機能を直接消費しているというよりも、

そのものがもたらすイメージ、

 

記号としてもっているイメージを

消費していると考えたほうが

現代社会を分析できるといいました。

 

 

ソシュールは

シニフィエ(意味されるもの:概念:イメージ)

シニフィアン(意味するもの:対象:文字)

表裏一体と考えましたが、

 

 

ボードリャールは、

このシニフィアンがもう何を意味するか

ということと切り離されて社会の中に浮遊している、

現代はそういう消費社会であるといいました。

 

たとえば、ジーンズは当初反権威的なところが

ありましたが、

 

これが回帰的に流行しだすと、

そこにはある種の差異しかなく、

 

反権威とは切り離されて、

一つの記号として消費されていくということです。

 

この社会のなかで記号はどんどん変化していきます。

人々の持っている自由とは、

新しい記号やその使い方を見出していく自由です。

固定化されるのを嫌うのです。

 

 

ロラン・バルトは、

この名前に、ロラン・バルトというものが

固定されたイメージでくっついてしまうことを

避けました。

 

しかし、「人は死ぬと、もう他者によってしか

存在しなくなる」とロラン・バルトはいいました。

書かれた本(作品)と同じです。

 

 

ニーチェは、

「何を言ったかではなく、誰が言ったかだ」

といいました。

 

 

ポスト・モダ ンでは、

「何を言うかではなく、どういう言いかたで言うか」

でその新しさを競うことです。

 

現代世界に生きる私たちは、

楽しくてある種の自由を持っていますが、

非常に抽象的な不自由さを持っている。

 

その抽象的な不自由さを持っている部分を、

 

ドウルーズ=ガタリは

欲望が無限に組み合わされていく

可能性で超えようとしました。

 

この欲望が資本主義を超えていくと考えました。

 

 

ロラン・バルトは

悲観主義的にアナーキー的ユートピア

みたいなものを考えました。

 

一見自由で魅惑的なものが、

さらに一つの閉じられた体系を作っている。

 

つまり、このなかではあらゆる過去が

神話作用をつうじて現在になっていくのです。

キーワードは、「表象」、「モード」、「イメージ」 

お気軽にお電話でご連絡ください
06-6131-5335 06-6131-5335
受付時間:10:00~19:00
Access

地下鉄東梅田駅から徒歩3分という便利なロケーションで税務のご相談を承っております

概要

会社名 TK税務&法務事務所
【一般社団法人租税高度困難事案研究所】
住所 大阪府大阪市北区梅田1丁目1番3-600号
大阪駅前第3ビル6階6-2号
電話番号 06-6131-5335
営業時間 9:00~17:00
定休日 土曜日 日曜日 祝日
最寄り 東梅田駅より徒歩3分

アクセス

主に法人の経営を税務と財務の視点から力強くアシストする幅広いサービスをご提供しております。
地下鉄東梅田駅から徒歩で3分という便利な立地に事務所を構えておりますので、ご相談はお電話やお問い合わせフォームから気軽にお申し込みください。
Contact

お問い合わせ