TK税務&法務事務所の事務所通信
柏木孝夫税理士・行政書士事務所
事務所通信

191号 確定拠出年金

確定拠出年金2

 

 

個人型確定拠出年金

確定拠出年金とは、そもそもは、

企業年金の一形態であり、つまりは、退職金です。

 

確定給付年金というものがあり、

以前の厚生年金基金のことです。

 

これは給付つまり受給金額を確定させているので、

積立金に拠出する金額は変動します。

 

思っても見なかった低金利や貸倒れは

事業主の負担でした。

 

これを掛金を確定させ、運用の上手下手は

従業員にリスクを転 化させたのが、確定拠出年金です。

 

そのかわり、従業員のメリットは、

ポータビリティ性があり、転職しても持っていけます。

 

解雇されてもオッケーです。

 

そのため、人事政策の一環としても採用している

企業年金制度であるため、

 

事業主は確定拠出年金の採用を控えています。

 

そこで、個人型確定拠出年金に注目が当たっています。

 

これは、そもそも、確定拠出年金を採用している

会社を中途で退職した者や、

確定給付年金が少額である企業、また、

 

国民年金だけでは少ないからとして

要望のあった医者などの個人富裕層の受け皿でした。

 

しかしながら、これ以上の貯蓄の余裕がない

個人が多く、受け皿はあったものの、

加入者がほとんどありませんでした。

 

そこで、共済年金制度が廃止されることと

なったことに伴い、

公務員も加入することができることとなりました。

さらに専業主婦もです。

 

確定拠出年金制度では、加入者と資産管理機関、

運営管理機関が登場します。

 

企業型の場合、加入者は従業員、

事業主が掛金負担者、資産管理機関が信託銀行、

運営管理機関は、銀行などで、

 

大規模法人では

自らが運営管理機関となる場合があります。

 

掛金を払っている期問の被保険者を加入者といい、

企業型年金加入者と個人型年金加入者がいます。

 

加入者でなくったが、いままでの資産を保有し、

運用のみを行う者を、企業型年金運用指図者、

個人型年金運用指図者といいます。

 

個人型年金運用指図者には、

個人型年金加入者であった者と

転職を繰り返した者や

企業型年金を採用していない会社に転勤した者

も含まれます。

 

今、自分はどの資格となっているのかが重要です。

 

企業型と個人型は全く別のものですが、

企業が厚生年金基金、確定給付年金、適格年金など、

いろいろな形態があり、

 

企業がこの形態を変更する場合は

資産を移すこととになります。

 

これを移管といいます。

 

さらに、上記のように個人が

会社を移る場合(転職)もあります。

 

個人型の場合、加入者と負担者は同じで、

国民年金基金連合会が取りまとめを行い、

 

事業主の役割の一部を国民年金基金が行っています。

 

さらに、国民年金基金連合会は

資産管理機関の役割も行い、

実際の資産の管理は金融機関が行います。

 

したがって、各加入者は、

国民年金基金連合会と契約した運営管理機関

である金融機関に対して

運用の指図を行うこととなります。

 

 

給付について

給付は、

老齢給付金、障害給付金、死亡一時金があります。

 

個人型確定拠出年金は、一旦加入することとなれば、

解約できません。

 

そして、老齢給付金を受給できるのは、

60歳から70歳までの間に請求することによります。

 

そして、受給要件として、

通算加入者等期間が10年必要となりますが、

 

通算加入者等期間の短い者が

受給権を得るための受給権発生に必要な

通算加入者等期間が定められています。

 

つまり、原則は60歳で受給権を得るのですが、

通算加入者等期間が8年の場合は、61歳から、

6年は62歳から、4年は63歳から、2年は64歳から、

1ヶ月では、65歳から受給権を得ることができます。

 

なお、70歳に達しても請求をしない場合は、

強制的に裁定されます。

 

また、本人が障害者となった場合は、

障害給付金を得ることができますが、

 

結局は、60歳になるのを待たずに、

若くして受給権を得ることができるのみで、

 

特に有利な金額を受給するものではありません。

 

その他、受給権者が死亡した場合、

個人別管理資産がなくなった場合、

障害給付金の受給権となった場合は、

老齢給付金の受給権が失権します。

 

所得税法第75条(小規模企業共済等掛金控除)第2項第2号は、

小規模企業共済等掛金とは、

 

確定拠出年金法に規定する

企業型年金加入者掛金又は

個人型年金加入者掛金をいう旨規定しています。

 

つまり、すでに小規模企業等共済に加入して

掛金を支払っている者は、

税法上の優遇はないってことです。 

お気軽にお電話でご連絡ください
06-6131-5335 06-6131-5335
受付時間:10:00~19:00
Access

地下鉄東梅田駅から徒歩3分という便利なロケーションで税務のご相談を承っております

概要

会社名 TK税務&法務事務所
【一般社団法人租税高度困難事案研究所】
住所 大阪府大阪市北区梅田1丁目1番3-600号
大阪駅前第3ビル6階6-2号
電話番号 06-6131-5335
営業時間 9:00~17:00
定休日 土曜日 日曜日 祝日
最寄り 東梅田駅より徒歩3分

アクセス

主に法人の経営を税務と財務の視点から力強くアシストする幅広いサービスをご提供しております。
地下鉄東梅田駅から徒歩で3分という便利な立地に事務所を構えておりますので、ご相談はお電話やお問い合わせフォームから気軽にお申し込みください。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事