TK税務&法務事務所の事務所通信
柏木孝夫税理士・行政書士事務所
事務所通信

195号 デルタヘッジ

デルタヘッジ

 

 

オプション取引を行って

プットでもコールでも売りの状態をショートといい、

買いの状態をロングといいます。

 

それぞれの状態(エクスポージャー)

最初の取引時は想定されたリスクですが、

時間の経過とともに金利や経済の景気などの条件が

変化しますので、オプションの価格も変化します。

 

通常、オプション取引自体が

原資産のリスクをヘッジしたもので、

条件の変化で原資産の価格も変化します。

 

そうすると、条件が変化した時に、

その変化に合わせてオプションの

エクスポージャーも変えなければなりません。

 

でないとオプション取引から生ずるリスクを

有しているからです。

 

以前説明したデルタというのがあります。

これは、原資産が1単位変化した場合の

オプション価格がどれだけ変化するかというものです。

デルタの値はゼロから1まで変化します。

 

0.5ときがデルタが中立となっています。

オプション価格が変化すると、

このデルタ中立からずれので、リスクが生じます。

 

そのため、オプション取引を売り買いして

オプションの状態つまり

 

エクスポージャーを変化させるのですが、

オプション自体を売買するとコストもかかり、

臨機な取引ができない場合が多いので、

 

ここで、先物取引を売買することにより、

オプション取引を行ったと

同じような取引を構築します。

 

というのは、デリバティブ取引は、

いろいろな取引の複合体なので、

オプション取引も再構築できるのです。

 

そして、このようにして

オプション取引自体を行わずに

オプション取引のエクスポージャーを変化させて、

リスクを最小限にすることを

デルタヘッジといいます。

 

たとえば、コールオプションの買いというのは、

先物の買い取引プットオプションの買い

再構築できます。

 

そのため、環境変化でオプション価格が変化して

ヘッジが過大になったとき、

オプションを売ればいいのですが、

 

臨機に対応するオプション取引が見当たらない場合

オプションの価格が変化しますので、

 

オプションを売ったと同じ効果を持つために

オプションはそのまま保有して、先物を売ります。

 

次に、経済環境が逆に変化した時には

先物を買い戻します。こうして、デルタの値を

一定にコントロールするのです。

 

デルタ以外のオプション取引にかかる

リスク指標としては、ガンマがあります。

 

ガンマは、原資産1単位の変化に対して

デルタがいくら変化するかの指標です。

お気軽にお電話でご連絡ください
06-6131-5335 06-6131-5335
受付時間:10:00~19:00
Access

地下鉄東梅田駅から徒歩3分という便利なロケーションで税務のご相談を承っております

概要

会社名 TK税務&法務事務所
【一般社団法人租税高度困難事案研究所】
住所 大阪府大阪市北区梅田1丁目1番3-600号
大阪駅前第3ビル6階6-2号
電話番号 06-6131-5335
営業時間 9:00~17:00
定休日 土曜日 日曜日 祝日
最寄り 東梅田駅より徒歩3分

アクセス

主に中小企業様の経営を税務や財務の視点から力強くアシストする幅広いサービスをご提供しております。
地下鉄東梅田駅から徒歩で3分という便利な立地に事務所を構えておりますので、ご相談はお電話やお問い合わせフォームから気軽にお申し込みください。
Contact

お問い合わせ