TK税務&法務事務所の事務所通信
柏木孝夫税理士・行政書士事務所
事務所通信

200号 租税回避行為シリーズ3(馴れ合い和解による更正の請求)

租税回避行為シリーズ3(馴れ合い和解による更正の請求)

 

 

馴れ合い和解による更正の請求

 

借地権の贈与があったとして更正処分を受けた後、

裁判所において借地権の設定はない旨を

確認する和解をした。

 

そして、この和解に基づいた借地権の贈与がなかった

旨の更正の請求は、認められるか。

 

事件の概要

原告法人は、代表者が株主である同族会社である。

 

土地は代表者個人が所有していたところ、

当該土地に原告法人が建物を建設し、

第三者に賃貸していた。

 

当局は、原告法人が当該ビルを

実質的に使用していることから、

 

代表者から原告法人に対して

借地権の贈与があったものとして更正処分を行った。

 

これに対して、原告法人と代表者は、

簡易裁判所において起訴前に、

当該ビルの所有権者は代表者個人であるとする

馴れ合いの和解をした。(即決和解)

 

そしてこの和解によって、借地権問題は消滅した

として更正の請求を行ったところ、

 

当局は、更正すべき理由がない旨の処分をした

ことから、当該通知処分の取消しを求めて

訴えたものである。

 

 

第1審被告(税務署)の主張

当該ビルの所有権を代表者である

という和解が成立したことにより

 

その所得金額の計算基礎が

和解成立前と異なることを理由としているが、

 

当該ビルの所有権は経済的にも実質的にも

建築当初から原告法人であり

当該和解は実態を反映した客観的合理性がない。

 

 

第1審原告(納税者)の主張

原告法人はビル建設の能力がないため、

当該土地を担保に実質的に借り入れているのは、

代表者個人である。

 

ビル建築資金を代表者個人が捻出していることから、

当該ビルは実質的に代表者個人のものである。

 

税法上の無知から

原告法人の所有であるとする登記をしたものである。

 

したがって、和解によって、実質的な所有者である

代表者個人の所有に改めるのは合理性がある。

 

 

第1審判決

(仙台地裁昭和51年10月18日判決)

国税通則法第23条に規定する

「判決と同一の効力を有する和解」とは、

即決和解(起訴前和解)も含まれると

解されるべきである。

 

ただし、「和解」とは、その立法趣旨から

当事者間に権利関係についての争いがあり、

 

確定申告当時

その権利関係の帰属が明確となっていなかった場合に、

その後当事者間の互譲の結果、

 

権利関係が明確となり、

確定申告当時の権利関係と異なった権利関係が

生じたような場合になされた和解を指すと

解すべきである。

 

したがって、専ら当事者間で

税金を免れる目的のもとに

馴れ合いでなされた和解など、

客観的、合理的根拠を欠くものは、

 

国税通則法第23条に規定する「和解」には

含まれないものと解すべきである。

 

なお、原告法人の確定申告書や登記簿、

第三者との賃貸契約書等の事実から、

当該ビルの所有権は

原告法人のものと認めるのが相当である。

 

また、代表者個人が所有不動産に担保を設定したり、

建築資金の一部を出資するのは

同族会社であれば当然の成り行きである。

 

原告法人と代表者個人との間でなされた本件和解は、

専ら原告法人に課された多額の法人税を免れるため

原告法人らによって

故意になされたものであることが認められ、

そこには客観的、合理的理由を

見出すことはできないから、

原稿法人らの主張も理由がないことと なる。

 

なお、判決では、通謀虚偽表示による無効な和解か、

和解は有効に成立しているが、

国税通則法第23条に規定する和解ではない

としているのかは不明である。

 

また、上記の判断は、起訴前和解にかかわらず、

証拠や主張をコントロールすることにより

判決にさえも生ずることであり、

さらに公正証書によるものでも生じることとなる。

 

したがって、このように、納税者が

和解、判決、公正証書等における当事者となり、

 

そこに表示された内容から生じる法律効果を利用して

課税要件事実の変動により

課税を免れよ うとすることがあるが、

 

結局は形式をもって課税するのではないから、

事実に基づかない書面や当事者の陳述、

その表示された場所、機関、日時等に

言い渡しがなされたというにすぎず、

 

実質の課税関係に何ら影響を及ぼすものではない。 

お気軽にお電話でご連絡ください
06-6131-5335 06-6131-5335
受付時間:10:00~19:00
Access

地下鉄東梅田駅から徒歩3分という便利なロケーションで税務のご相談を承っております

概要

会社名 TK税務&法務事務所
【一般社団法人租税高度困難事案研究所】
住所 大阪府大阪市北区梅田1丁目1番3-600号
大阪駅前第3ビル6階6-2号
電話番号 06-6131-5335
営業時間 9:00~17:00
定休日 土曜日 日曜日 祝日
最寄り 東梅田駅より徒歩3分

アクセス

主に法人の経営を税務と財務の視点から力強くアシストする幅広いサービスをご提供しております。
地下鉄東梅田駅から徒歩で3分という便利な立地に事務所を構えておりますので、ご相談はお電話やお問い合わせフォームから気軽にお申し込みください。
Contact

お問い合わせ