TK税務&法務事務所の事務所通信
柏木孝夫税理士・行政書士事務所
事務所通信

238号 証券アナリスト2次試験シリーズ オルタナティブ投資7

証券アナリスト2次試験シリーズ オルタナティブ投資7

(ヘッジファンドの運用戦略)

(経済法令出版社の過去問より)

 

 

株式ロング・ショート戦略とは、

値上がり期待銘柄をロングで買い持ちすると同時に、

値下がり期待銘柄をショートで売り越しし、

 

市場全体の動きを抑制しながら

収益を目指す戦略である。

 

したがって、アクティブ戦略と比べて、

市場リスクを軽減できるメリットがある。

 

市場全体がある方向に動くリスク

(マーケット・リスク)に対してヘッジしている。

 

一方、全体としてみれば、

割安株と割高株の判断さえ間違えなければ、

市場全体の株価の動向にかかわらず

利益を上げることができる。

 

米国株ロング・ショート型ファンドが、

ナスダックとの相関係数が0.86で、

S&Pとの相関係数が0.69のとき、

どのような状況であると考えるか。

 

これは、小型の割安株をロングし、

大型の割高株をショートしていると考えられる。

 

アービトラージ戦略をとっている

ヘッジファンドの場合、

危機的状況下でのリスクを区分する必要があるが、

なぜか。

 

1998年のヘッジファンド危機の際には、

金融機関でもリスク・レバレッジの高いポジションを

取っていたため、ポジションの解消で市場が混乱した。

 

市場では、ポジションの解消が殺到したため

流動性が急低下し、ファンドの標準偏差が高まり

ファンド間の相関も高くなった。

 

ヘッジファンドの選択において過去のパフォーマンスを

偏重すべきでない理由はなにか。

 

 

過去のパフォーマンスは、

将来にわたって保証されるものではない。

 

 

株式ロング・ショートのような

ディレクショナル(指向性)型戦略の場合、

市場の方向性を間違えると大きな損失を被る。

 

3 

アービトラージ(裁定)型戦略であっても、

1998年危機のLTCMのように、

スプレッドが収束せず広がる可能性もあり、

安定したパフォーマンスが得られるとは限らない。 

お気軽にお電話でご連絡ください
06-6131-5335 06-6131-5335
受付時間:10:00~19:00
Access

地下鉄東梅田駅から徒歩3分という便利なロケーションで税務のご相談を承っております

概要

会社名 TK税務&法務事務所
【一般社団法人租税高度困難事案研究所】
住所 大阪府大阪市北区梅田1丁目1番3-600号
大阪駅前第3ビル6階6-2号
電話番号 06-6131-5335
営業時間 9:00~17:00
定休日 土曜日 日曜日 祝日
最寄り 東梅田駅より徒歩3分

アクセス

主に法人の経営を税務と財務の視点から力強くアシストする幅広いサービスをご提供しております。
地下鉄東梅田駅から徒歩で3分という便利な立地に事務所を構えておりますので、ご相談はお電話やお問い合わせフォームから気軽にお申し込みください。
Contact

お問い合わせ