TK税務&法務事務所の事務所通信
柏木孝夫税理士・行政書士事務所
事務所通信

316号 証券アナリスト2次試験シリーズ ミクロ理論1

証券アナリスト2次試験シリーズ 

ミクロ理論1

(情報の不完全性から生ずる問題)

(経済法令出版社の過去問より)

 

 

雇用主からみて

労働者の効率が悪いと考えている場合、

固定賃金から成果に応じた

インセンティブ契約に変更すべきである。

 

 

固定賃金契約によって労働者に生じていた

モラルハザードを解消するためである。

 

 

保険会社は、

契約者の過去の病歴を把握することにより、

保険の加入料に差を設けて、

採算性を確保する必要がある。

 

 

情報を有しない側が

複数の契約条件を相手側に提示して、

相手の属性を顕示させ、

情報の非対称性を解消することができる。

自己選択の問題である。

 

 

自動車会社が、

他社製品よりも品質が向上しているにも関わらず、

売上が伸びない場合、

 

自社の保証期間を長くすることにより

自社製品の品質に関する情報を示すことができる。

 

情報の非対称性の問題を解決する方法としての

シグナリングの問題である。 

お気軽にお電話でご連絡ください
06-6131-5335 06-6131-5335
受付時間:10:00~19:00
Access

地下鉄東梅田駅から徒歩3分という便利なロケーションで税務のご相談を承っております

概要

会社名 TK税務&法務事務所
【一般社団法人租税高度困難事案研究所】
住所 大阪府大阪市北区梅田1丁目1番3-600号
大阪駅前第3ビル6階6-2号
電話番号 06-6131-5335
営業時間 9:00~17:00
定休日 土曜日 日曜日 祝日
最寄り 東梅田駅より徒歩3分

アクセス

主に法人の経営を税務と財務の視点から力強くアシストする幅広いサービスをご提供しております。
地下鉄東梅田駅から徒歩で3分という便利な立地に事務所を構えておりますので、ご相談はお電話やお問い合わせフォームから気軽にお申し込みください。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事