TK税務&法務事務所の事務所通信
柏木孝夫税理士・行政書士事務所
事務所通信

354号 証券アナリスト2次試験シリーズ 財務諸表によるリスク分析2

(営業レバレッジとβ値)

(経済法令出版社の過去問より)

 

 

A社とB社の過去5年の売上・費用

過去6カ月の月次投資収益率

 

A社

1年 売上 1,000  偏差-60   分散  3,600  

   費用 950   偏差-33.4  共分散 2,004

 

2年 売上 1,040  偏差-20    分散   400 

   費用  975  偏差-26.4   共分散  528

 

3年 売上 1,070  偏差 10    分散   100

   費用 984   偏差  0.6   共分散  6

 

4年 売上 1,100  偏差 40   分散  1,600 

   費用 1,034  偏差 50.6  共分散 2,024

 

5年 売上 1,090  偏差 30    分散   900 

   費用  992  偏差  8.6   共分散 258

合計 売上   5,300            分散    6,600 

   費用 4,917             共分散     4,820

平均   売上    1,060               分散    1.320 

   費用      983.4          共分散        964

 

 

B社

1年 売上 1,500  偏差-122    分散 14,884

   費用 1,470  偏差-83.8  共分散 10,223.6

 

2年 売上 1,580  偏差 -42    分散  1,764

   費用 1,517  偏差-36.8 共分散 1,545.6

 

3年 売上 1,650  偏差  28    分散   784

   費用 1,552  偏差 - 1.8 共分散- 50.4

 

4年 売上 1,700  偏差  78    分散  6,084 

   費用 1,620  偏差 66.2 共分散 5,163.6

 

5年 売上 1,680  偏差  58    分散  3,364 

   費用 1,610  偏差 56.2 共分散 3,259.6

合計 売上  8,110              分散    26,880     

   費用 7,769            共分散   20,142    

平均    売上   1,622            分散    5,376     

   費用 1,553.8         共分散    4,028.4

 

変動費率=売上・費用の共分散/売上の分散

A社は、964/1,320=73.03%

B社は、4,028.4/5,378=74.93%

 

費用の平均=変動率×売上高平均+固定費

A社の固定費は、983.4-0.7303×1,060=209.28

 

A社の損益分岐点売上=固定費/(1-変動費率)

 =209.28/ (1-0.7303)=775.97

 

A社の損益分岐点比率=損益分岐点売上/売上高平均

=775.97/1,060=73.20%

 

B社の固定費は、1,553.8-0.7493×1,622=338.44

 

B社の損益分岐点売上=

338.44/ (1-0.7493)=1,349.98

 

B社の損益分岐点比率=1,349.98/1,622=83.23%

 

したがって、B社の方が損益分岐点比率が高いので、

固定費の割合が高く、

営業レバレッジの影響度が大きい。

 

営業レバレッジとは、限界利益/営業利益で、

総費用に占める固定費の割合が高いほど

営業レバレッジは大きくなる。

 

 

月次投資収益率

     A社  偏差 偏差の二乗 

    市場全体 偏差 偏差の二乗 偏差の積

5年1月 +2  0.83   0.69  

     +3      1.17     1.37       0.97

 

5年2月 +4     2.83     8.01  

          +3     3.17    10.05       8.97

 

5年3月 -3   -4.17    17.39 

          -4   - 5.83    33.99      24.31

 

5年4月 -3  -4.17  17.39  

            -2   - 3.83    14.67      15.97

 

5年5月 +2    0.83   0.69 

          +3     1.17      1.37       0.97

 

5年6月 +5   3.83    14.67 

          +6     4.17    17.39     15.97

合計        7      58.84       11 

                       78.84     67.16

平均        1.17               9.81     

              1.83               13.14      11.19

 

 

            B社      偏差  偏差の二乗 

            市場全体 偏差 偏差の二乗  偏差の積

5年1月 +4     1.5       2.25    

             +3      1.17      1.37        1.76

 

5年2月 +6    3.5  12.25    

              +5     3.17     10.05       11.10

 

5年3月 +4    -5.5  30.25   

             -4   - 5.83     33.99        32.07

 

5年4月 -3    -4.5      20.25   

             -2   - 3.83    14.67        17.24

 

5年5月 -2    1.5       2.25   

             +3    1.17     1.37            1.76

 

5年6月 +6 3.5   12.25   

            +6    4.17        17.39       14.60

合計        7                    58.84   

             11                    78.84       78.53

平均       1.17        9.81   

           1.83                 13.14       13.09

 

A社のβ=A社と市場の共分散/市場の分散=

11.19/13.14=0.85

 

B社のβ=B社と市場の共分散/市場の分散=

13.09/13.14=1.00

 

営業レバレッジ、投資リスク、βともB社の方が高い

お気軽にお電話でご連絡ください
06-6131-5335 06-6131-5335
受付時間:10:00~19:00
Access

地下鉄東梅田駅から徒歩3分という便利なロケーションで税務のご相談を承っております

概要

会社名 TK税務&法務事務所
【一般社団法人租税高度困難事案研究所】
住所 大阪府大阪市北区梅田1丁目1番3-600号
大阪駅前第3ビル6階6-2号
電話番号 06-6131-5335
営業時間 9:00~17:00
定休日 土曜日 日曜日 祝日
最寄り 東梅田駅より徒歩3分

アクセス

主に法人の経営を税務と財務の視点から力強くアシストする幅広いサービスをご提供しております。
地下鉄東梅田駅から徒歩で3分という便利な立地に事務所を構えておりますので、ご相談はお電話やお問い合わせフォームから気軽にお申し込みください。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事